<< 写真画像が消えてしまった時の戻し方 | main | 2013年01月10日のつぶやき >>

壊れたパソコン本体を修理に出した時の経過

以前、家で使っていた家庭用のデスクトップパソコン本体が壊れてしまったので、
一度開発メーカー先の修理サポートセンターに提出してきました。

その時、WindowsのOSを再インストールして初期化する可能性があったので、
郵送で出す前に一旦、外付けハードディスクの方に付属のデータバックアップのソフトウェアを使って必要なファイルを全てコピーしてデータ移行を実行しました。

実際に故障していたのはマザーボードだったため結局Cドライブのリカバリー自体は行う必要がなかったのですが、いざという時のためのパソコンのリストア作業に備えてOSの方もしっかりとイメージバックアップを取ることが大事ですね。

個別データの方も、いつでも消去したファイルを復元できるように[ノートン・セーブ&リストアの復元]の保存機能やウィンドウズの「ファイルと設定の転送ウィザード」のツール、ないし「バックアップまたは復元ウィザード
といった標準搭載の便利な機能も使って全データのフルバックアップによる保存をしておくのがやはり大切ですね。

もしもバックアップが取れていなかった場合は、データ復旧の方法による拡張子の回復の手段が役立ちます。


スポンサーサイト

  • 2018.07.17 Tuesday
  • -
  • 21:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
サイトマップ
サイトマップ
selected entries
categories
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM